老眼は、眼の老化現象なので、老化現象を食い止めることができれば、老眼の進行も防止することができます。

ここでは、老眼の予防方法として、4つご紹介します。

1、老眼トレーニングで予防

目のまわりの筋肉を鍛えることで老眼を予防することができます。

具体的なトレーニング方法については、以下に書きましたので、参考にしてください。
老眼は回復する?日常生活で対策できる5つの方法!

 

また、3Dアートによるトレーニングも有効です。
平面に書かれた絵を、目の焦点をずらして見つめることで、絵が立体的に見えるようになります。

普段とは違う目の筋肉を使うので、老眼予防に効果があります。

 

以下の動画の、3Dアートに挑戦してみましょう!

 

黄色い印を、ボーっと見つめていると、だんだん立体的に見えてきませんか?

絵が下がった時には、ハート形の立体も見えます!ぜひやってみてくださいね。

2、栄養素で老眼予防

ブルーベリーなど、紫色のポリフェノール、アントシアニンは、眼の疲労や活性酸素を抑える作用があるといわれています。最近では、網膜にある「ルテイン」という緑黄色野菜などに多く含まれる栄養素がブルーライトや紫外線をブロックしてくれる効果があることで、注目されています。

 

このほかにも血行をよくしたり、粘膜を強化するためにビタミンCをはじめとするビタミンを摂ることで、老眼を防止することができます。

 

しかし、毎日の食生活でこれらを常に摂取し、それなりの量をとるというのはとても難しいことです。そこで便利なのがサプリです。

おすすめのサプリについては、こちらを参考にしてください。

3、ブルーライト対策で老眼予防

パソコンやスマホなど家電に囲まれている私たちの生活。ここには目によくない環境が「これでもか!」というくらい囲まれています。ブルーライトは紫外線に次ぐほどの刺激を眼に与えてしまいます。

 

ブルーライトは、眼に刺激を与えるだけではありません。脳に刺激を与え続けるため、睡眠が浅くなったりするという睡眠障害にもつながります。老眼年齢になると睡眠にも支障をきたすこともあるため、老眼にも生活習慣にもよくないものです。

 

そのためにも、自衛としてブルーライト対策で老眼予防することが大切です。おすすめのブルーライト対策グッズをご紹介します。

①ブルーライトカットメガネ

jins

 

様々なブルーライトカットメガネが販売されていますが、おすすめはJINSの「JINS SCREEN」です。
約4,000円で購入できますので、まだ持ってなかったら、おすすめです!

②ブルーライトカットシート

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

強化ガラス保護フィルム ブルーライトカットタイプ
価格:2160円(税込、送料無料) (2016/9/17時点)

 

スマホのブルーライトカットフィルムです。

スマホは、パソコンよりも目との距離が近いため、よりブルーライトを浴びやすくなっています。

 

「スマホ老眼」という言葉があるように、スマホのブルーライトが原因で、老眼を進行しやすくさせているので、ブルーライトフィルムをした方が安全です。

4、紫外線対策で老眼予防

紫外線は網膜に対して活性酸素を発生させます。この活性酸素は老化の原因といわれています。そのため、紫外線を避けるためにもサングラスや帽子は必需品といえます。

 

紫外線は夏だけではありません。逆に空気の澄んでいる冬の方が紫外線が強くなることも。また反射する紫外線も問題です。とくに雪の紫外線反射には「雪目」といわれるくらい目にはダメージを与えてしまいます。