「いちいち老眼鏡かけるのがめんどくさい・・・」

毎朝、コーヒーを飲みながら新聞を読むのが日課なのですが、最近では老眼が進んだのか、裸眼では文字が読みにくくなってきました。

 

老眼鏡も買ったのですが、老眼鏡を常にかけていると、老眼が進行すると聞いて、なるべくかけないようにしていました。

ですが、きちんと読める時もあれば、読めない時もあります。
読めない時は、仕方なく老眼鏡をかけますが、いちいち老眼鏡をかけるのがめんどくさいんですよね。

 

会社でも資料を読むときに、老眼鏡をかけるのも、なんか恥ずかしい・・・

とはいえ、このままだと老眼鏡をかけざるを得ないし、老眼を少しでも良くしたい!

そう思って、どうにしかして老眼を改善できないか模索しました。

 

そんな中、友人に教えてもらった方法で、老眼が改善でき、老眼鏡をかける頻度が減ったのです。

今回は、その方法をご紹介します。

老眼の治療方法とは?

まずは、老眼のレーシックというのはないのかと思って調べてみました。

すると、以下の手術の方法があったのです。

 

・モノビジョンレーシック
・CK手術
・遠近両用レーシック
・リーディングアイ
・フェイキック

 

どれも老眼改善には有効な方法なんだろうけど、やっぱり費用が高い・・・

最低でも30万円はかかりますし、また老眼が再発することを考えると、ちょっと手が出せませんでした。

 

やはり、手術には頼らずに、もうちょっと手軽にできる方法が良いですよね。

老眼対策をしてみたけど・・・

そこで、まずは老眼の進行を早める原因を調べてみると、ブルーライトと眼精疲労が主な原因ということがわかりました。

確かに、通勤の電車では、スマホでニュースを読むのが癖になっていましたし、会社に行っても、主にパソコンに向かっているので、これが老眼を早めてる原因になっていたかも・・・。

 

そこで、普段使っているメガネを、ブルーライトカット効果のあるメガネに代えて、家では、目を休めるために寝る前にホットアイマスクをして、リラックスするようにしました。

 

さらに、ちょっとでも目に良いものを食べようと思って、目に良いと言われている、ブルーベリーが入っているヨーグルトやジュースを食べて、お酒のつまみには、アーモンドも食べるようにしました。

 

ですが、これを続けても、老眼が良くなるどころか、日に日に文字が読みにくくなっている気がしました・・・。

友人に老眼に効くサプリメントを教えてもらいました

「やっぱり、老眼鏡に頼るしかないか・・・」

と諦めかけていた時、学生時代の友人たちと飲む機会があって、老眼についての話題で盛り上がったのです。

 

その時に、友人の1人が、「めなり」というサプリメントで、老眼が良くなったとおすすめされたのです。

 

「サプリで老眼が良くなるの??」

正直、半信半疑でしたが、飲み会の帰りに、スマホでめなりのHPを見てみました。

 

すると、めなりの成分には、ブルーライトをブロックして吸収するルテインとゼアキサンチンという栄養素や、ブルーベリーの中でも、厳選したビルベリーがたくさん入っているのです。

 

これは確かに、目に良さそう・・・!

そう思って、藁にもすがる思いで、私も試してみることにしました。

老眼鏡に頼りたくない私にはピッタリでした

ところが、飲み始めて2週間くらいは、相変わらず文字が読みにくく、新聞を読むのも老眼鏡に頼りながら読んでいました。。

ですが、目がちょっとずつ楽になったのは感じていたので、飲み続けていました。

 

すると、2週間が過ぎたころには、徐々に老眼鏡をかけなくても、読めるようになってきて、明らかに、老眼鏡をかける頻度が減ったのです。

仕事中も、あれほどパソコン画面の資料がぼけやていたのに、若いころと同じように、ピントが合ってきたのです。

 

妻にも

「あら、最近老眼鏡かけなくなったのね」

と言われて、なんだか若返った気がして、嬉しかったです。

 

やっぱり、朝に老眼を気にせず、新聞を読めるには気持ち良いですね。

老眼鏡なしで生活するために、私にとってめなりは必需品です。

めなりの詳細をみる>>