老眼鏡というと「年寄り」というイメージがあり、なるべく老眼鏡を使いたくないですよね。

しかし、老眼鏡をしないで我慢していると、肩こりや頭痛など体調が悪くなったり、進んでしまうことがあります。

 

最近は、老眼鏡もお洒落なものや多機能のものが増えているので、老眼を進行させないためにも、1つは持っておくことをおすすめします。

老眼鏡とルーペの違い

老眼になると、近くの文字や小さな文字が見えなくなるというのが、主な症状。
だったら、ルーペで小さな文字を拡大すれば老眼鏡など必要ないではないか、と思っていませんか?

 

しかし、根本的に老眼鏡とルーペとはその機能が違っています。
老眼鏡の働きは、ずれている像を網膜の上に戻すことです。つまりピントを合わせるというのが目的です。

 

一方、ルーペにはピントを合わせるという機能はありません。小さなものを拡大することで、細かい作業をサポートする道具です。

 

ということは、老眼のように焦点がずれている場合に使っても、文字は大きく見えてもぼやけて見えるままということになります。

老眼があり、さらに細かいものを見たくてルーペを使う時には、老眼鏡と一緒に使う必要があります。

老眼鏡が安いのはなぜ?

100円ショップで老眼鏡をみかけたことはありませんか?
しかし、近視用のメガネは見かけませんね。これには理由があります。

 

老眼鏡は基本的に近いところを見るという機能だけに限定されています。そのため度数のバリエーションは少なくて済むので大量生産が可能となります。

 

それに比べて、近視の場合は乱視が入ったり、眼の左右の視力が違ったりと、とてもナイーブなものになるため高価になります。

 

また、老眼鏡は近視のメガネに比べると、必要な時だけに使うことが多く、ずっと使わないので、多少の違和感があってもあまり気にせずに使ってしまう傾向があります。

レンズの選び方

老眼レンズにも最近ではいろいろなものが出てきました。

自分の老眼がどれくらい進んでいるのかといった簡易的なチェック方法も含めて、レンズの選び方をご紹介します。

●自分で測る老眼鏡の度数

単に老眼鏡といっても、いろいろな目的があり、用途によって使い分ける必要があります。

<単焦点レンズ>

単焦点レンズが、いわゆる一般的な老眼鏡で、手元の左右の幅が最も広く見えるレンズです。

一定の距離にだけ度数を合わせているため、その距離以外ではすべてぼやけてしまいます。しかし、細かい手作業や本読みなどにはとても便利です。

<遠近両用レンズ>

遠くから近くまで見ることができる便利なレンズです。

ただし、レンズの上が遠用、レンズの下が近用となって、視線の使い方が普通のメガネと違うので、使いこなすのに時間がかかり、階段の上り下りや段差などに注意が必要になります。

<中近用レンズ>

「室内用レンズ」といわれているもので、遠い部分が見えませんが、遠近両用レンズよりも度数変化が少ない分、違和感がありません。

中間部分・近用部分を多用するオフィスなどでの使い勝手の良い老眼鏡です。ただし車の運転などには使えません。

<近用ワイドビジョンレンズ>

デスクワーク専用レンズです。ワイドというだけあって新聞紙前面を広げた状態で、どこでも焦点を合わせることができます。

手元の資料からパソコン画面までの視野も広く見ることができます。

 

このように老眼鏡にはいろいろな種類があり、主にどのような時に使うかによってレンズのタイプを選ぶことが大切です。

老眼鏡フレームの選び方

ジジ臭い!ババ臭い!そんな老眼鏡とはもうお別れです。JINSやZoff、眼鏡市場など、老眼鏡なのにとってもお洒落で、とても老眼鏡に見えないものもたくさんでています。

 

特に、JINSやZoffは、安くておしゃれなので、おすすめです。
JINSとZoffを比較してみました!

老眼鏡の価格

・Zoff・・・3500円
・JINS・・・4900円

老眼鏡の度数

・Zoff・・・3種類(+1.00/ +1.50/ +2.00)
・JINS・・・4種類(+1.00/ +1.50/ +2.00/+2.50)

ブルーライトカット率

・Zoff・・・36%
・JINS・・・29%

 

このように、価格など単純な数値で見るなら、Zoffがおすすめ!
ですが、フレームの種類は、共に多くあるので、実際に見てみて選んでみてください。