「いちいち老眼鏡かけるのがめんどくさい・・・」

老眼になると、新聞や本を読むたびに、いちいち老眼鏡をかけるのが面倒ですよね。

かと言って、常に老眼鏡をかけてると、老眼が進行する気がするし、なるべくなら老眼鏡はかけたくありません。

 

そういう想いから、なんとかして老眼を改善したいと思って、老眼が進みやすい原因から改善のための対策まで調べて、試してきました。

その結果、老眼が改善し、今では老眼鏡をかけない生活に戻ることができたのです。

 

当サイトでは、老眼の原因から改善方法まで、ご紹介します。

老眼が進みやすい原因

老眼は、眼の中の水晶体の厚みの柔軟性がなくなり、ピント調整ができなくなってしまう症状です。

この水晶体の柔軟性は、加齢と共に硬くなってしまうのは仕方ないことなのですが、最近は、特に20代、30代でも老眼の症状が出てる人もいます。

 

それは、スマホやパソコンの普及によって、ブルーライトを多く浴びてしまい、水晶体の厚さを調節する毛様体筋が劣化してしまうからです。

さらに、眼も疲れやすくなるため、眼精疲労によって、老眼を早めてしまいます。

老眼を改善するためには?

老眼は、老化現象の1つであり、以前は治療法がありませんでした。

しかし、現在は、医学の進歩によって老眼に対するさまざまな治療法が開発されています。
老眼の手術方法は、5つの治療方法があります。

 

①モノビジョンレーシック
②CK(Conductive Keratoplasty)手術
③遠近両用レーシック
④リーディングアイ
⑤フェイキック

 

しかし、まだまだ老眼の手術は、普及しているとは言えませんし、費用も高額になります。

手術で1回限りで治っても、老眼は老化現象の1つですので、また老眼は進んでいってしまいます。
ですので、普段の食事やサプリで、老眼に効果がある栄養素を摂ることがおすすめです。

老眼に効く栄養素とは?

老眼に効く栄養素とは、

「ルテイン」と「ゼアキサンチン」です。

 

ルテインとゼアキサンチンは、目の網膜の視細胞が集まっている部分にあって、紫外線やブルーライトなどの目にダメージを与える光から守る役割があります。

この2つの栄養素には、抗酸化作用があって、目の老化を防止して、老眼の進行を防いで、改善する効果があります。

 

しかし、特にルテインは、40歳を過ぎるとルテイン量が減ってしまって、ブルーライトから目を守れなくなっているのです。

 

ルテインとゼアキサンチンが多く含まれる食べ物は、以下のものです。

・ルテイン:ケール、ホウレンソウ、にんじん、かぼちゃ
・ゼアキサンチン:パプリカ、ブロッコリー、トウモロコシ

 

ルテインとゼアキサンチンは一緒に摂取すると、吸収率が上がりますが、これらを毎日一緒に摂るって難しいですよね。

 

そこで、手軽に摂取できるのが、サプリメントです!

その中でも、おすすめは「めなり」というサプリメント。

おすすめの理由① ルテインとゼアキサンチンを一緒に摂れる!

老眼比較

ルテインとゼアキサンチンの1日の摂取量を一緒に、摂れるっていうのが良いですよね。
他のサプリメントと比べても、たくさん配合されています。

 

他にも「ドクターズチョイス」という海外のサプリメントがありますが、ちょっと値段が高めですし、やっぱり国産の方が安心ですよね。

おすすめの理由② ビルベリーも豊富に入ってる!

老眼ビルベリー

めなりは、目に良い食べ物として定番のブルーベリー以上に、目に良い成分のアントシアニンが5倍入っている
「ビルベリー」が豊富に入っています。

しかも、ルテインは、ビルベリーと一緒に摂ると、吸収が良くなるんです!

ポイント③ 1日わずか33円という安さ!(初回)

めなりは、初回の値段は、980円という試しやすい価格になっています。
1日に換算すると、わずか33円!

 

ランチ1回分のお値段で、1か月試すことができます。

まとめると、以下になります。

老眼めなり

めなりを飲むと、急に老眼が改善するわけじゃないですが、明らかに視界がクリアになって、目が楽になるのがわかります。

徐々に、文字が読みやすくなって、今では老眼鏡を使うことはありません。

老眼鏡なしの生活に戻したかったら、試してみても良いですね。